1. ホーム
  2. サービスのご案内

サービスのご案内

サービス概要

入所

個室
4人部屋

要介護1~5の認定を受けられていて、病状が安定し、看護・介護に重点を置いたケアをお受けになりたい方がご利用になれます。

(1)医療・看護サービス
病状が安定している方への診察・投薬・検査・処置などの軽度医療を行ないます。(緊急時には協力病院での治療を行います。)
(2)介護サービス
食事・入浴・排泄など日常生活での必要な介護サービスをご提供いたします。
(3)リハビリテーション
日常生活動作を中心としたリハビリ、また様々なレクリエーションを通しての身体的・精神的なリハビリテーションをご提供いたします。

ショートステイ(短期入所)

お風呂
理美容

要支援・要介護1~5の認定を受け、介護支援専門員(ケアマネジャー)によるケアプランに基づいてサービスを受けることが出来ます。ご家庭の都合で一時的に介護が困難になった時などにご利用いただけます。サービスに関しては入所と同様です。またご希望により入退所時の送迎もいたします。

通所リハビリテーション(デイケア)

デイケア
デイケア

ご家庭で生活なさっている方に施設へ来ていただき、食事・入浴・リハビリテーションなどを行います。専門講師を招いた音楽療法や、職員企画のクラフトレクリエーションを通して、生活の活性化を促します。車による送迎も行っています。

また、「通常の通所リハビリテーションでは長すぎる…」という方を対象に短時間の通所リハビリテーションも行っています。こちらは1日利用の通所リハビリテーションとは違い、入浴や食事等のサービス提供はなく、時間は2~3時間となっており、個別リハビリが中心ですので、病院の外来で行うリハビリと同じ状況でご利用いただけます。

要支援・要介護1~5の認定を受けた方が、介護支援専門員(ケアマネジャー)によるケアプランに基づいてサービスを受けることが出来ます。

見学時も送迎いたしますので気軽にご相談ください。

ご利用までの流れ

  1. 担当のケアマネージャー又は当施設の支援相談員へご相談ください。
  2. 支援相談員がご自宅にお伺いして、利用方法を説明します。
  3. ご利用者様、ご家族様の希望をもとに利用日を調整します。

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは、在宅で療養を行っており、疾病・傷病のために通院してリハビリテーションを受けることが困難な方に対して、本人の症状・家屋構造・介護力などを考慮しながら、リハビリテーションの専門家(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が在宅を訪問し実際の生活の場で行うことのできる訓練法や介助の仕方や環境整備など、リハビリテーションの観点から療養上必要な指導を行うことです。

訪問リハビリではこんな事ができます。

○身体機能
関節可動域訓練、筋力トレーニング・寝返り、起き上がりの動作練習・座位保持練習・階段の上り下り・室内、屋外での歩行訓練・自主トレーニングの提示
○日常生活動作
トイレ動作練習・更衣動作練習・家事動作練習・適切な介助方法の提案・脳の活発化(学習など)・余暇活動の拡大
○日常生活関連動作
買い物・公共交通機関の移動手段等
○コミュニケーションや嚥下
ことばの練習・コミュニケーション手段の提案・飲み込みの練習・食事形態の助言・適切な食事介助方法の提案
○住環境や福祉用具
適切な福祉用具の評価及び助言・住環境の整備(住宅改修、家具配置の見直し、動線の確保)・自助具の検討

訪問するスタッフ

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

ご利用について

営業日 月曜日〜土曜日(祝日も営業致します)
休業日 日曜日、年末年始(12月31日〜1月3日)
営業時間 午前9:00〜午後5:30

ご利用までの流れ

  1. 担当のケアマネージャー又は当施設の支援相談員へご相談ください。
  2. 支援相談員がご自宅にお伺いして、利用方法を説明します。
  3. 主治医からの診療情報提供書をもとに施設医師が診察を行います。
  4. ご利用者様、ご家族様の希望をもとに利用日を調整します。

居宅介護支援事業所

介護サービスの提供・調整をして、在宅生活を支えるお手伝いをさせて頂きます。施設サービスとの連携も取りやすいので、急な場合でも早急に対応ができます。

居宅介護支援事業所とは

介護の必要な方の要望を尊重しながら、可能な限り自宅での生活を送るために、介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護に関するこ相談、手続きの代行、いろいろなサービスの提供、調整をし毎日の暮らしを支えていきます。
※上記業務に対してのこ本人負担はありません(無料です)

介護保険サービスご利用までの流れ

①申請
区役所、地域ケアプラザへ相談・申請書の提出(居宅介護支援事業所等で代行可)
②調査
心身の状態を調査相談・申請書の提出、主治医意見書の提出
③審査
④認定
結果通知と介護保険証が届きます。(調査から30日程かかります)
→要支援1〜2:地域ケアプラザへ。介護保険の介護予防サービスが利用できます。
→要介護1〜5:介護保険の介護サービスを利用できます。

要介護1〜5の認定を受けた方

①居宅介護支援事業所の選択
②お申込み
お電話などでこ連絡を頂いた後、状況等の確認の為ご自宅へ訪問します。
③ご契約
当事業所の重要事項のご説明・ご契約・個人情報使用同意の手続きをして頂きます。
④アセスメント(状況の把握・課題分析)
介護支援専門員がご自宅へお伺いし、御利用者様・ご家族様と面談して行います。
⑤居宅サービス計画書原案作成
居宅サービス計画原案を作成し、サービス担当者会議を開催します。
⑥居宅サービス計画書の作成
サービスの種類や内容、利用回数などを盛り込んだ居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。※ケアプランの変更はいつでもできます
⑦介護サービスこ利用開始
原則として費用の1割は利用者の負担になります。(本人の所得金額によつては、2割負担になる場合もあります。)

主なサービスの種類

○通所リハビリテーション(デイケア)
通所介護(デイサービス)
○訪問リハビリテーション
訪問看護
訪問介護(ホームヘルプサービス)
○ショートステイ(宿泊)
福祉用具レンタルと販売

当事業所の特色

当事業所は、介護老人保健施設に併設している居宅介護支援事業所です。在宅生活における施設サービスとの連携も取りやすくなっております。提供・調整も沢山行うことができます。

また、専門知識や経験も豊富なスタッフがそろつておりますので、安心してこ利用いただけます。介護に関することなら、何でもお気軽にこ相談下さい。

ご利用の流れ(入所・ショートステイ)

以下の方がご利用対象者となります。

  • 病院などから退院した後、家庭復帰までの日常生活適応訓練が必要な方。
  • 家庭生活において歩行・排泄・食事・入浴・着脱などが困難で、生活機能訓練が必要な方。
  • 精神科で専門治療を要さないが、家庭での介護が困難な認知症の方。
①ご利用できる方
  • 要支援、または要介護度の認定をされている方
  • または要介護認定の申請をされている方
②お電話・来所ご相談
お気軽にご相談ください。
支援相談員がみなさまの心身の状態や、日常生活の様子をお伺いします。
③申し込み
施設の説明を行います。当施設規定の申込書類に必要事項を記入の上、ご提出ください。
④サービス利用判断
資格要件の確認とご利用方法を当施設スタッフが検討します。
⑤通知
入所日・ご利用方法などを連絡させて頂きます。
⑥サービス開始
入所・ショートステイ・通所のご利用ができます。
なお、要支援の方は入所できません。ご了承ください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。